シェルターのメモリーレコード①

  • 未分類
  • 2015年6月2日 

【メモリーレコード内容まとめ】

「メモリーレコードの欠片」を使うことで行けるシェルターの過去にて、
管制室内にあったメモリーレコードの内容です。
記録者は冒険者のマソさん。
2日目の欠片では見ることはできませんが、それ以降では記録が増えていき、
50日目はすべての記録を見ることができます。

※以下の内容はストーリーの記録収集を目的としている為、ネタバレを含みます。

150602_2
捨てられた機械装置
(地下シェルター
(メモリーレコード))

-誰かが録音したと思われる
 メモリーレコードの入った
 レコードプレイヤーがある-

  • 再生する
  • やめる

[レコードプレイヤー]
-おー、これはメモリーレコードかな?
 動くかな? ……おお動く。
 よし! ちょうど暇だったし、
 録音してみようかな。-

[レコードプレイヤー]
-私は世界中を旅している
 冒険者のマソだ。
 今日がシェルターに避難して4日目?
 3日目だったかな?
 ここの雰囲気は変だ。-

[レコードプレイヤー]
-元々ウェルスシティは
 住民の数と同じくらい
 冒険者がいたのにもかかわらず、
 冒険者に対する待遇がなぜか良い。-

[レコードプレイヤー]
-冒険者は不可抗力で
 今回の事故に巻き込まれたのだから
 待遇しないと、というような
 雰囲気だ。-

[レコードプレイヤー]
-仕事した分だけ遊ぶ
 冒険者の性分がうずいて
 これ以上は耐えられなさそうだ。-

  • 続けて聞く
  • やめる

[レコードプレイヤー]
-今日は6日目だったのかな?
 冒険者の私たちには
 詳しい話をしてくれないから
 分からないが、
 ウェルスシティの人たちが
 落ち込んでいる雰囲気だった。-

[レコードプレイヤー]
-冒険者の血が騒いで、
 あちこち調べて回ってみたが、
 それといった収穫はなかった。-

[レコードプレイヤー]
-ついでにシェルターのあちこちを
 見て回ったけど、
 同じ廊下、同じ構造をしている部屋、
 何の楽しみもない。

[レコードプレイヤー]
-誰がデザインしたのか分からないが
 美的感覚が
 まったくなさそうに見える。-

  • 続けて聞く
  • やめる

[レコードプレイヤー]
-今日は21日目かな?
 ウェルスシティの人たちが
 食糧問題解決を喜んでいる。-

[レコードプレイヤー]
-おとなしそうに見える研究員たちが
 歓声をあげている姿が
 少し可愛くみえた。-

  • 続けて聞く
  • やめる

[レコードプレイヤー]
-30日目の夜。
 正直な話、常に暗いから
 今が夜か昼なのかよく分からない。
 先ほど夕食を食べたから
 夜だと思う。-

[レコードプレイヤー]
-今日は他の冒険者たちと
 機械工学者たちが作った
 すごく大きい空気清浄機を運んだ。-

[レコードプレイヤー]
-おかげで広いシェルターの中の
 どこにいたのかも知らなかった
 冒険者のキャッスル、
 ブレットさんと仲良くなった。-

[レコードプレイヤー]
-機械工学者たちには
 成因的な問題があるように見える。
 機械を作れないようにすると
 脅していたら
 所属ガードに連れて去られた。-

[レコードプレイヤー]
-きっといつか
 機械工学者たちは
 大きな事故を起こすだろう。-

→ ドロシーの記録 30日目

 

  • 続けて聞く
  • やめる

[レコードプレイヤー]
-今日は32日目。
 ぶどうの収穫を行った。-

[レコードプレイヤー]
-新鮮なブドウも食べたし、
 特にやる事もないので
 早く寝ることにする。-

[レコードプレイヤー]
-あー、ぶどう美味しかったな。
 また食べたい。
 二週に一度の収穫が可能だと
 言っていた気がする。-

→ ドロシーの記録 収穫

 

  • 続けて聞く
  • やめる

[レコードプレイヤー]
-シェルターに避難して
 38日目の今日は
 朝から騒がしかった。-

[レコードプレイヤー]
-午前中に
 何人かの科学者たちが、
 一緒にシェルターの外の
 調査活動をする冒険者を
 募集していた。-

[レコードプレイヤー]
-危険なのにも関わらず、
 かなり多くの冒険者たちが
 志願していた。-

[レコードプレイヤー]
-私は危険な事はしない主義なので
 志願はしなかったけど、
 シェルターで仲良くなった
 キャッスルとブレットは志願した。-

[レコードプレイヤー]
-あの二人はシェルターの中の生活を
 嫌がっていたから、
 なんとなく理解はできる。-

[レコードプレイヤー]
-午前0時が過ぎても
 彼らは戻って来なかった。
 ウェルスシティのリーダー、
 ベリーニさんは外に出たみんなは
 死亡したと結論を出した。-

[レコードプレイヤー]
-夜明け頃、みんな集まって
 追悼の祈りを捧げた。
 みんないい人たちだったのに
 こんな風に別れることになって
 本当に残念だ……。-

→ ドロシーの記録 37日目

 

  • 続けて聞く
  • やめる

[レコードプレイヤー]
-40日目の朝……なのか?
 シェルター内部で
 謎の伝染病が出まわっている。-

[レコードプレイヤー]
-何人かの人たちが
 急に発作を起こし、
 周辺の人たちを攻撃している。-

[レコードプレイヤー]
-弱く力のない
 研究員の負傷者が増えて、
 冒険者たちが発作患者の制圧に
 駆り出された。-

[レコードプレイヤー]
-先日のシェルターの中にいた人たちが
 外に出た時、外部から
 汚染物質が中に入って
 こんなことになったのではという
 噂がながれている。-

→ ドロシーの記録 44日目

 

  • 続けて聞く
  • やめる

[レコードプレイヤー]
-44日目の昼。
 シェルターのリーダー、ベリーニさんが
 冒険者を集めて発表を行った。-

[レコードプレイヤー]
-噂だと思っていた
 内部汚染が事実と確認された。

[レコードプレイヤー]
-まだ汚染のされていない
 Z-0区画に安全な隔壁を作り、
 生活必需品をZ-2区域に
 明日移す事が決定したので、
 冒険者たちの協力が必要だという
 話だった。-

[レコードプレイヤー]
-明日は
 仕事をしなければならないので
 早めに寝ることにする。-

→ ドロシーの記録 汚染

 

 

-これ以上録音された内容はない-

 

  プロフィール  PR:無料HP  南湖自動車学校  コンピューターグラフィックス 専門学校  オートエクゼ  中古ホイール 岐阜  タイヤ ステップワゴン 新品  エンジンメンテナンス  トヨタ  天然石ブレスレットの通販  四街道 リフォーム  新生ジャパン投資 投資顧問  タイヤ 持ち込み 八幡市  名簿屋